宇太
水分神社

濃い緑の木立を通して、鮮やかな朱の社殿が三社鎮座しています。
それがこの地方の産土の社として信仰を集めている宇太水分神社(うた みくまりじんじゃ)です。

崇神天皇7年(570年)に建立されたこの社には、右の第一殿に天水分神、第二殿には速秋津彦神、第三殿には、国水分神がまつられています。
この社殿は、一間社春日造で水分連結造の古型で、鎌倉期の作。三棟とも国宝に指定されています。

Gallery

「菟田野町案内」に戻る